舌癒着症

舌癒着症ってご存知ですか?

おっぱいがうまく飲めない赤ちゃんや、子どもから大人までのいびき、睡眠時無呼吸症の原因とも考えられている舌癒着症とは?

舌癒着症・・・、おそらく皆さんはこんな疾患を聞いたこともないと思います。
しかし、この疾患を知り、治療することで、われわれが抱えているさまざまな症状が改善されることが最近分かってきました。
今回はこの舌癒着症についてお話します。

舌癒着症とはどのような病気でしょうか。

正しくは“先天性舌癒着、喉頭蓋・喉頭偏位症”といいます。それこそなんだか舌を噛みそうな名前ですね。
下あごに付いている舌の位置が先天的に前方に位置しているために、舌がヒキツレ(ひきつった状態)を越こし、舌の後ろにある喉頭蓋(のどの奥にあり、誤って気管に食事などが入り込まないようフタの役目をする部位)や喉頭がゆがむため、呼吸が制限される病態です。
乳児ではおっぱいを飲みたくてもうまく飲めない、よくむせる、途中で飲むのをやめてしまう、などの症状がみられます。その結果、母親は乳腺炎や乳頭亀裂をきたしやすく、哺乳行為に苦痛を伴うことになります。他にも寝つきが悪く、乳児でもいびきや睡眠時無呼吸症をきたしたり、さらにはSIDS(乳幼児突然死症候群)の予備軍になる場合もあります。
一方小児では、歯並びや姿勢の悪さ、声が小さい、発音が悪い、協調性に乏しい、落着きがない、怒りっぽい(キレやすい)、依存心が強く甘ったれ、いびき、睡眠時無呼吸症などを引き起こす可能性があります。
この疾患は常染色体優性遺伝で、この状態で生まれてくる人の方が多いといわれています。この疾患の歴史は古く、すでに16世紀にはフランスのパレという医師がこの疾患の概念と治療法を確立していました。当時のヨーロッパではほぼ全例の赤ちゃんが、出生直後にこの手術を受けたとする報告が残されています。

舌癒着症の診断と治療法は?

この疾患の診断、治療はいたって簡単です。まず、口を開けて頂き舌の位置を確認します。この際、舌小帯という舌の裏側のスジの有無は関係ありません。その後ファイバースコープ(径が数mmの細い内視鏡)を鼻から入れ、喉頭や喉頭蓋、気管の偏移を確認し診断いたします。
治療法は手術です。舌の付け根の部分を局所麻酔(年齢によっては全身麻酔)でレーザーを用いて切開し、その奥にある頤舌筋(いぜつきん)〔「おとがいぜつきん」とも言う〕を切開します。この筋肉は喉頭開大筋であり、のどを開く筋肉です。この筋肉のヒキツレを切ってあげることで、のどの位置が正しくなり呼吸が楽になるため、さまざまな症状が改善されるというわけです。赤ちゃんから大人まで手術は日帰りで可能です。
日本におけるこの手術のパイオニアである向井診療所の向井將先生によると、乳児のほ乳の改善率は80%以上、小児や成人のいびき・睡眠時無呼吸症も70%~80%と高率な結果が得られています。
当クリニックでも手術を行っており、同様の結果が得られています。術後、小児では集中して物事に取り組むことが出来るようになり、学校の成績があがった、コミュニケーション能力が向上し、友人が増えた、大人では睡眠が深くなり日々の疲れが取れた、肩こり、腰痛、冷えなどが改善し生き生きしてきた、など、手術を受けた方々の多く喜びの声をいただいています。

本手術は、アンチエイジングの一方法ともとらえることができ、私自身もこの手術を受けています。(自分でやるわけにはいかないので向井先生にお願いしました)

なぜ舌癒着症の治療が広まらない?

歴史が古く素晴らしい手術なのに、一般の方はおろか、医学界にはまったく広まっていません。それはなぜでしょう?残念ながら20世紀初頭に、メスを持たない医師から「こんな手術はする必要がない」といわれ始め、そのままこの意見が通ってしまい、現在では小児科の教科書からこの疾患が削除されてしまいました。ここでは詳細は記述いたしませんが、医学界などの複雑な事情が絡んでいます。
したがって、この治療に関しては現在保険治療が認められておらず、自由診療になっています。また、この診療や手術ができる病院は極めて少ない状況です(全国でも6ヶ所ほど)。これはとても残念なことです。

これからの舌癒着症

現在、この手術を子供に受けさせその効果に驚き、喜び、舌癒着症の治療を世の中に広めようとする“舌癒着症ママの会”が発足され、草の根運動が始まっています。前述した向井先生や神奈川歯科大の山本伊佐夫先生らが舌癒着症学会を立ち上げ、私も参加させていただき地道な運動を展開しています。
当クリニックには連日、舌癒着症か否か診て欲しい、耳鼻科医、小児科医、歯科医、助産師らから大変多くの患者さんの紹介をいただいています。
これからの我々の健康を考えると、舌癒着症というこの古くて新しい疾患概念が再び日の目を見るのもそう遠くはないと思っています。

出典:安全と健康第60巻第11号2009年11月23知ってるつもり?からだの不思議『舌癒着症ってご存じですか?』山西敏朗 中災防より抜粋。一部改訂。

日本舌癒着症学会

舌癒着症ママの会

舌癒着症の診療について

舌癒着症の診察は、≪完全予約制≫です。
診察をご希望の方は、必ずクリニックまでご予約のお電話をください(03-5155-0822)。
予約なく来院された場合の診察はできません。あらかじめご了承ください。
また、お電話でこの疾患に関する詳細を質問されましてもお答えすることはできません。
受診された際に約1時間ほどスライドを用いて事細かく説明いたします。そのうえでご質問くださるようお願いいたします。

BLOGBLOG Photograph&essayPhotograph&essay
お気軽に当院へお問い合わせくださいTEL:03-5155-0822 受付時間…9:00~12:00/15:00~18:00 休診日…木曜/日曜・祝日/第5土曜 毎日笑顔で過ごせるよう、そして人生を楽しめるよう一緒に歩いていきましょう。
受付時間…9:00~12:30/15:00~18:30 休診日…木曜/日曜・祝日/第5土曜 tel_sp.png
bottom_bn01_sp.png
医院について
PAGE TOP